×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

LIVEonWIRE Profile



2012.6.17 更新
各ページへは下のタブを左クリック!

プロフィール

ライブオンワイアー  NGO LIVEonWIRE

生放送にこだわるインターネット放送局として2001年から番組配信をスタート。
非法人としては初めてNTTにコンテンツを提供し、FM局とも連動した企画を展開。
現在は「声の文化」としてのラジオ復権とNGO的報道活動を両輪に、世界の情報をもっと身近にもっと手軽にメディーエートし、ヒト・モノ・コトが影響し合う「場」のプロデュースを目指しています。

アフタモードグルーブ  AFTERMODE groove

株式会社スタディオアフタモードを中心としたコミュニティーの有機結合。
「ここから世界を変えて行く」
を合い言葉に、相互振動し影響し合う新時代の共創体を形成していきます。

ルスファクトリー  LUZ FACTORY

「Light Up Zero(ゼロを輝かせる)」を合言葉に掲げる映像制作集団




LIVEonWIRE-LOGO.jpg



AFTERMODE-LOGO.jpg



LUZ_02.jpg

LIVEonWIREへの招待

ヤハギクニヒコ ~NGO LIVEonWIRE 局長兼代表理事~

【声の文化は未来へ向かう】

書くことと話すことは、どう違うのだろう。そんなことをよく考えていました。
記述されたテクストは、いつでも後戻りして、文脈を確認することが出来ます。
しかし、話された言葉は、放されたが最後、決して後戻りの出来ないその場限
りの言葉です。

音声という時間の中の出来事は、「アキレスと亀」や「飛ぶ矢」のように決し
て分割されることなく、ただ、身体的に、僕らを巻き込んで構造化し、未来へ
向かって消えていく。そのはかなさと力強さを、一回性の体験として刻んでい
く。

冗長でなければ伝わらないことがあります。
そのくり返しと一瞬の間に潜む、テンションと温度の息づかい。

マーシャル・マクルーハンがHOTなメディアだと喝破し、あの布団を被って聴い
ていた深夜ラジオの興奮を、もっとオルタナティヴに時代と結合させて、次の
世代へと伝えていきたいと思っています。よろしくお付き合いくださいませ。

<プロフィール>

方法をデザインして、関係をアートする「アルスコンビネーター」。
株式会社スタディオアフタモード代表取締役、NGOライブオンワイアー局長
兼代表理事、NPO法人 座・其角理事、鏡明塾塾長、ISIS編集学校師範代、
(株)日能研社会科講師、公園緑地財団プロジェクトワイルド・ファシリテー
タ、ジョインパートナーズ(株)ジャーナリストWSファシリテータ。

2008年より、松岡正剛師より拝命した日本で最初の結合術師【ArsCombinator】
として、言葉とイメージによる存在学の構築を中心とした活動を開始。活動ポ
リシーに「シュールパシフィズム」を掲げ、アート・ジャーナリズム・教育の
相互企画デザインを中心に創作・研究・講義・著述・批評・写真・俳諧・ラジ
オやイベント・広告制作まであらゆるジャンルを手がける。俳号は道侠。

メンバー紹介

小川 光一 (オガワ コウイチ) ~Creative Director / Relation Editer~

「2020年」「大器晩成」をキーワードに、草の根活動をしながらの革新的なアクションを目指す国際協力団体「FLOWER IN HEART」代表。国際協力カフェ+BOPビジネスを視野に2011年夏、その活動の第一歩となるカフェをOPEN予定。
また、「Light Up Zero(ゼロを輝かせる)」を合言葉に映像製作をする「LUZ FACTORY」を結成。処女作『それでも運命にイエスという。』は2010年国際平和映像祭に選出された。
その他にも、NPO法人MUKWANO第三期正会員として、ウガンダ共和国Rakai県に孤児院等を設立、支援を続けている。
たくさんの人を優しく照らす“光”のような存在を目指し日々邁進中。

<リスナーさまへ一言>
マスメディアでは取り扱われない、でも伝播されるべき、ヒト・モノ・コトが世界中には溢れています。そのカケラを繫ぎ合わせて一つのカタチにし、発信していくことが僕たちの“志”です。僕自身もこの場を通して日々成長していきたいと思います。
LIVEonWIREをどうぞ、よろしくお願いします。

メンバー紹介

市川 亮 (イチカワ リョウ) ~Journalist / Photo Documentator~

1988年東京都生まれ。大学で欧米文学を専攻する傍らボランティア活動に尽力。その活動の中でアフガニスタンの子ども達と出会い、彼らの純粋さ、優しさにふれたことをきっかけに報道に疑問を持ち始める。「ありのままを伝え、世に記録していくにはどうすれば良いのか」を考えていたある日、父の遺品であるカメラを見つけ、写真の世界へ。現在はNGOのチャリティーカレンダー製作、NPO広報紙の撮影、インディーズアーティストの撮影、「今の時代の情熱を記録する」をテーマに作品作り、取材をする日々を送っている。

<リスナーさまへ一言>

日常の中にある何気ない、ほんの小さな出来事。実はその出来事の中に大切なメッセージが込められている。僕はそう信じて止まない人間です。そしてそれを拾いあげ、伝えるのが僕達LIVEonWIRE記者の仕事の一つです。歴史には残らないかもしれない、だけど皆様の心に残る記事を提供することを目指し、活動していきます。末永く、よろしくお願いします。

メンバー紹介

長野 友紀 (ナガノ ユキ) ~Editor / Thinker&Writer~

15の時、ある哲学の本と出会ったことを契機に漠然と人間に興味を持つようになりました。その中で、自殺者が年間3万人を超えているこんな国は嫌だと感じ大学では心理学と社会学を専攻。今年度からはジャーナリズムのコースも専攻し始め、世を変え得るその可能性に惹かれ現在勉強中。その縁で出会った某出版社編集長のお話を聞くにつれ“編集”という仕事にロマンを感じるようになり、広義で色んなものを編集できる人間を今は目指しています。同時に、自ら命を絶つという悲しい選択をこの国から少しでも減らすために日々邁進する所存です。

<リスナーさまへ一言>

「ラジオ」と聞いて思い浮かぶことは「古い」でしょうか? 様々なものが進化した時代に生きる私たちにとってそれは仕方のない感覚かもしれません。しかしラジオにはそれだけでは終わらない力があります。人との繋がりが希薄になりやすい現代こそ、共有体験の持てるインターネットラジオは貴重なメディアなのです。

メンバー紹介

野津 直樹 (ノヅ ナオキ) ~Editorial Designer~

東京都生まれ。「ローカルとローカルの対話」を標榜し、学生時代は日本人の立場から『ONEKOREA FESTIVAL TOKYO 2008』『在日コリアン映画祭』スタッフとしてイベント運営に携わる。2009年より兵庫県在住。現在は関東と関西という2つのローカルに根ざし、新た なる対話を模索中。

<リスナーさまへ一言>

「耳を研ぎ澄ます」ということばがあるように、聴覚は五感の中でも最もその敏感さが求められてきた感覚なのかもしれません。情報が溢れるこの時代に、あえて耳だけを傾けてみる時間。LIVEonWIREはそんな新しい贅沢をめざしています。みなさまに、今日もピリっと澄んだ贅沢が届きますよう に。




sign-1.jpg

メンバー紹介

佐藤 慧 (サトウ ケイ) ~Field Editor~

国際協力の現場に携わり、 アフリカ、中米などで経験を積む。 世界を変えるのはシステムではなく人間の精神的な成長であると実 感し、命の価値や愛を伝える手段としてのジャーナリズムに希望を 託して活動を開始。言葉を探しつつ、風に吹かれ、根無し草のよう に世界を漂いながら、国家、人種、宗教を超えて、人と人との心の 繋がりを探求し、それを伝えていく。

<リスナーさまへ一言>

人間ひとりひとりの生き方が少し変わるだけで、世の中の多くの問 題は問題ですらなくなります。ひとりひとりの心に声を届けるため に。あなたとの対話を通し、世界を再構築していけるように。どう ぞよろしくお願い致します。

マスコットキャラクター

レディオ君

【LIVEonWIRE】オフィシャルウェブサイトに描かれているトップ画の男の子。
2009年8月のリニューアル時に番組リスナーであり <クリエイタマゴ>のあおいさん が作画して下さり誕生したキャラクター。暫く名前は無かったが、2010年6月2日「BETWEEN THE SHEETS」の生放送内でリスナーによる多くの投稿の中から "レディオ君" に名前が決定。

現在はTwitterの【LIVEonWIRE】アカウントを武器に番組告知やどうでも良いつぶやきで活躍中。勉強する時はメガネをかけるが、かけたとたんに髪の毛が青くなったり、また帽子を被ると髪の毛が緑色になる、など諸説あり、いまだ謎が多い。





@LIVEonWIRE Twitter

LIVEonWIREの足跡

2001年12月 開局

・DJヤハギクニヒコ(StylishAvenue)とDJイッチー(発熱)を中心にオンラインラジオステーション【LIVEonWIRE】を旗揚げ。
・横浜東口にスタジオを構え、アメリカのネットラジオサーバー「LIVE365」と契約。
火曜日『BETWEEN THE SHEETS』(DJ:ヤハギクニヒコ)『ひとごねラジオ』(DJ:高崎剛)放送開始。

2002年

・1月1日より「LIVEonWIRE」WEBサイトをスタート。
・closs culture LIVE project 『HYBRID-TOKYO』をバックアップ開始。第一回は原宿ルイードにて。
・火曜日『ラジオ土瓶蒸』(DJ:コズエ)放送開始。
・木曜日『PanicOrangeRadio』(DJ:kiki&ui)放送開始。
・土曜日『電波発熱』(DJ:発熱)放送開始。

2003年

・NTT communications「Vポータル」に参加、コンテンツ提供。
・FMかしま『ミュージックレボリューション』にて、ヤハギレギュラーコーナー『アドバイザーX』開始、FM×ネットラジオのコラボレーション企画を始動。
・『HYBRID-TOKYO 5』よりLIVEonWIRE主宰に。新宿HEADPOWERの協力でコンピレーションCDを制作。
・火曜日『会議の虎』(DJ:Discussion23)『Fight in BABYLON』(DJ:Takashi)『NEU-labe-な瞬間』(DJ:neo(ニョロ))放送開始。
・水曜日『ミュージックパワー』(DJ:SAORI)放送開始。
・『HYBRID-TOKYO 10』横浜HMV前ストリートライブ決行。

2004年

・日経エンターテイメントにて【LIVEonWIRE】が紹介される。
・FMかしま『ヤハギの合法ヘヴンズドア』とのコラボ放送。
・ライヴオンワイアー京都支局開局。
・月曜日『がるそらじお』(DJ:Bros.)放送開始。
・火曜日『POWER ROCK 昨日!』(DJ:ヤハギクニヒコ)『ソウル&武士』(DJ:ひろゆき)『うたまるレディオ』(DJ:コズエ)放送開始。

2005年

・月曜日『茶羅のラフ☆スタイル』(DJ:茶羅)放送開始。
・火曜日『オンデマンドアカデメイア』(DJ:ヤハギクニヒコ)放送開始。
・真夏の夜の定番企画、朝まで百物語『異界への扉』を放送開始。

2006年

・火曜日『ピンクマッシュルームタウン』(DJ:餅)放送開始。

2007年

・火曜水曜合同イベント『HYBRIDセンセーション!』開催。

2008年

・DJ : TKO、火曜日七代目アシスタントDJに。

2009年

・「情熱伝播」を合言葉に【LIVEonWIRE】リニューアル。
・配信サーバーを"LIVE365"から"ねとらじ""ラジログ"へ移行し、オフィシャルウェブサイトも一新。

2010年

・2月 火曜放送にて日本とニュージーランドを繋いでのラジオ配信を決行。
・3月3日、Ustreamチャンネル開設。火曜放送にて"livedoorねとらじ"との同時配信を開始。
・4月12日、月曜放送"定例試験放送"開始(22時~)
・6月1日、株式会社スタディオアフタモードと共に【studioAFTERMODEgroove】を結成。[NGO] onlineRADIOstation LIVEonWIRE としてリスタート。
・6月「ネブキャス電脳生放送百科事典」のwikiにインタネットブロードキャスティングの草分け的存在としてヤハギクニヒコが紹介される。
・7月「ネブキャス電脳生放送百科事典」のウェブサイト全ページに期間限定LIVEonWIREバナーを掲載していただく。
・「8月15日を撮る」プロジェクトに全面協力
・9月12日 『studioAFTERMODE presents トライ/アングル・世界は変えられるか?
『世代を越えて経験を伝える~元BC級戦犯、飯田進さんとの座談会』を株式会社スタディオアフタモードと共同開催

2011年

・3月12日 LIVEonWIRE主力メンバーを始め、多くの有志によって『NPOみんつな』設立。
・3月13日 東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)により、開催を予定していた『ドキュメンタリー・フィルム・フォーラム』を中止。
・5月14日〜15日 デザインフェスタ vol.33 にリスナーのあおいさんと共に「 honey dip + [ ] 」を出展。
・5月30日、月曜『定例試験放送』終了
・7月4日、月曜『たまには独りで話をしよう』(DJ : 篠田康突)配信開始
・7月7日、不定期生配信『神出鬼没のフラグメンツ』(DJ : ヤハギクニヒコ)配信開始
・9月1日、木曜『下北カフェラジオ〜失くした星を探しに』(DJ : 小川光一&周東明美)配信開始
・10月3日、木曜『下北カフェラジオ〜失くした星を探しに』が月曜枠に移動
・10月3日、月曜『たまには独りで話をしよう』の配信時間が22時より24時に移動
・10月30日、月曜『たまには独りで話をしよう』が日曜22時に移動し日曜の配信を開始
・11月30日、LIVEonWIRE オフィシャルトップページサイト http://www.liveonwire.net/ 完成&公開

2012年

・1月6日、金曜『S#weet LuxuryのGUTS&FIGHTERS☆』がスタート。(DJ : yaeko)
・1月30日、『たまには独りで話をしよう』(DJ : 篠田康突)配信終了
・2月6日、月曜『下北カフェラジオ〜失くした星を探しに』が22時より24時に配信時刻を変更
・3月1日 LIVEonWIRE JOURNAL が始動。
・4月27日、不定期生配信『タケオサーン(゚∀゚)の経県値』(by Grace_TaKeO)配信開始
・6月2日、2009年リニューアル時に運用を開始したmixiコミュニティー『LIVEonWIRE (streaming)』を閉鎖。
・6月4日、月曜『下北カフェラジオ〜失くした星を探しに』 全36回をもって配信終了。